カマグラ徹底調査!

年齢を重ねる中で性欲が落ち、性機能が働かなくなってくるのは自然の摂理、ですが最近では30代40代・場合によっては20代のうちから勃起がうまくいかない人やたとえ勃起したとしても途中で萎えてしまう人が増えているのです。
このような症状をED・勃起不全と言います。
性行為は自身の遺伝子を後世に残すという生殖機能の面でも、パートナーとの関係を円滑に保つためにも必要なことです。
ED治療薬を試してみてください。

最も有名なED治療薬としてはバイアグラがありますが、そのジェネリック医薬品とも言えるカマグラも人気です。
カマグラで症状を回復して、男性としての自信も取り戻すようにしましょう。ただし、副作用もある薬だけに注意は必要です。

カマグラが効く「ED」ってどんな病気?

男性器の内部はまるでスポンジのような状態になっています。海綿体と言われる場所です。

男性が性的刺激を受けた場合、まずは脳の中枢神経が興奮します。それが脊髄神経を通って陰茎へと伝わるのです。
そうすると体内で一酸化窒素が放出され、陰茎深動脈と螺行動脈がゆるみ、海綿体への平滑筋が弛緩して海綿体へと血液が一気に流れ込むのです。
まるで風船がふくらむかのように、スポンジが水を吸収するように陰茎は血液の圧力によって大きく硬くなります。これが勃起の仕組みなのです。

EDが起こる理由はさまざまです。
特にはじめての性行為がうまく行かないのは精神的要因が強く関係します。
緊張しすぎて上手くコントロールできず早く射精してしまうのです。
慣れていくにつれて少しずつ落ち着いて自分のペースを取り戻せるものですが、始めの体験が色濃く残っていたり、ストレスを抱えていたり、幼少期のトラウマがあったりといった心理的・精神的要因で勃起が上手くいかないことが多い場合、それを心因性EDと言います。
性行為や勃起の様子については他の人と比べることは難しく、一人で悩んでいて更に悪化させている方も多いです。

カマグラの有効成分はシルデナフィルと言います。
海綿体に血液を集めるために重要な働きを持つのが環状グアノシンーリン酸という成分ですが、これの働きを阻害する酵素・5-ホスホジエステラーゼというものがあります。
勃起したら勃起しっぱなしというのでは日常生活を送れなくなるためある程度のときが過ぎれば5-ホスホジエステラーゼが働いて勃起が収まる必要があるのですが、ED患者の場合、うまくコントロールできず5-ホスホジエステラーゼが働きすぎるのです。
その結果、環状グアノシンーリン酸が分解されてしまいます。シルデナフィルには、この5-ホスホジエステラーゼの働きを妨害する効果があるのです。
服用することで普段より長い時間、勃起を保つことができるようになるでしょう。

すなわち、カマグラは精神的な要因というよりも機能面でのEDに効果がある薬と言えるでしょう。
もちろん、それでうまく行った体験ができれば精神面でも自信がついて改善に向かっていくはずです。

こういった機能面でのED、器質性EDと呼ばれるのですが、加齢だけでなく生活習慣の悪化などにより血液の流れが悪くなることにより引き起こされることが多いです。
若い患者さんが多いのは、食生活が乱れていたり、運動不足やストレスを抱えている・疲れが溜まっているという方が多いから。
このまま放っておくと生活習慣病や糖尿病などになることもあります。
やがては血管が固まる動脈硬化が起こり、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わるような重篤な病気になることもあります。
カマグラでED治療を行うと共に、できれば生活習慣を見直して薬に頼ることなく性行為もできる元気な身体を取り戻せるようにしましょう。

カマグラはジェネリック医薬品!ジェネリックとは

ED治療薬として有名なバイアグラ、更に第2・第3の治療薬が出てきているにも関わらず今でも世界中に多くの愛用者がいる安心できる薬です。
とはいえ、新薬である以上はある程度の値段もするため、性行為のたびに使っているとお小遣いがなくなってしまうという方も。
もっと安くバイアグラの効果を得たいという方におすすめなのがジェネリック医薬品であるカマグラなのです。

新しい薬を世に生み出すためには、かなりの時間がかかります。もしも人間が服用して何らかの弊害が現れたら大変です。
そのため研究に研究を重ね、動物などでも何度も実験を繰り返し、そうしてようやく市場に出てくるというわけです。
そんな新薬は薬自体に配合されている成分の費用だけでなく開発にかかった金額と言うのもプラスされて売られています。
薬代を通じて研究費を回収するというわけです。
そのため、他のメーカーがその薬と同じものを作って安く売ることは禁じられています。法律により新薬は守られているのです。

とはいえ、ずっとと言うわけではありません。
薬にもよりますが、20年から25年過ぎると特許期間というのが過ぎるのです。それ以降は他のメーカーが作りだすことが許されるのです。
すでにある薬を見ながら作るのですから研究開発にそれほどの時間はかかりません。
そのため新薬よりもずっと安く作り出すことができます。それがジェネリック医薬品というわけです。
場合によっては、有効成分は同じでありながら、新薬で問題となったり使いにくかった部分を改善する形で出てくることもあります。
安くて更に使いやすい、ジェネリックは消費者にとっておすすめの買い物なのです。

ただ注意が必要なのは、カマグラは正式にはジェネリックと言えないという事実です。
カマグラはインドにて製造された薬です。
インドには世界とはまた違った考え方があり、まだバイアグラの特許期間が続いているにも関わらずカマグラが作られてしまったのです。

最近では日本で処方薬を出すときにジェネリックにしてもらえることも多くなりましたが、カマグラが出てくることはありません。
国際特許を無視して作られたインド製のコピー版といった位置づけのため、正規ルートで流通させることはできないのです。
日本にいながらにしてカマグラを手に入れようと思ったときにはインドから個人輸入代行業者を利用するようにしましょう。
だからといって危険な薬というわけではなく、バイアグラと同じ成分が入っているため同じ効果を得ることができ、更には副作用がバイアグラよりも少ないというメリットがあります。

もちろんバイアグラ以上に安く手に入れることができるため、多くの愛用者がいるのです。
ただ、最近では日本国内においてもバイアグラの特許が切れたため他の国内大手製薬メーカーの作ったバイアグラジェネリックというのも出回るようになりました。
とにかく安全性をというならこちらを試してみるのもよいでしょう。

カマグラの効果と副作用について

カマグラはシルデナフィル配合のED治療薬です。
服用することで勃起を阻害する酵素である5-ホスホジエステラーゼの働きが阻害されることで勃起時間が続くのです。
中折れの心配もなくしっかりと硬くなります。

1度のセックスでしぼんでしまうという方でも、続けて2回目・3回目とできるようになるためパートナーを十分に満足させることができるでしょう。
もちろん男性自身も満足できるようになります。
錠剤だけのバイアグラと違って、水に溶かして飲むタイプ・ゼリータイプ・チュアブルタイプとあり、それぞれに体内に吸収される速度や味に違いがあるため、自身の好みに合わせて活用することができます。

いずれも服用後1時間くらいで効果が現れ始めるため性行為の1時間前くらいに服用すればよいでしょう。そこから6時間くらいは効果が持続します。
血流改善させて勃起を促進させるという仕組みで媚薬のように性的興奮がアップすることはありません。
女性が飲んでも効果はありません。女性のための女性向けバイアグラとも言われる製品もあるため、パートナーにはそちらを勧めてみてください。

昔から今まで愛用者が多いバイアグラですが、決して使いやすい薬とは言い切れません。
有効成分が同じであるカマグラも同様です。

即効性がありガツンと効くスポーツカータイプですが効果が出るまで1時間、第2の治療薬なら15分から20分程度で効果が出てきます。
食事と併用することで効果が半減してしまうため空腹時に服用しなければなりません。
デートというと食事を取ってからその流れで性行為という場合が多いのに対し、使いにくいのです。

更には副作用が使用者の9割以上に現われるというデメリットがあります。
とにかく副作用は受けたくないというのであれば第3の治療薬を使用しましょう。こちらは3割程度です。
どちらかというと長距離バスタイプの薬で、じっくりじわじわと長期間に渡って効果が出る薬となります。
効果が緩やかな分、副作用も緩やかに済むのです。
一度服用すれば24時間から36時間もの間、効くため時間を気にせず長くパートナーとのふれあいを楽しみたいという方向けです。

ジェネリック医薬品として作られた分、カマグラの副作用はバイアグラよりも抑えられています。
とはいえ決してなくなったわけではありません。併用禁忌薬や服用時の注意点なども同じように守らなければなりません。
医師の処方の元手に入れるバイアグラと違って、個人輸入代行業者からの購入となるためなにかあっても自己責任となるため、特に注意して使用してください。

個人輸入の場合、インターネットという実態のない状態のため悪徳業者も横行しています。
バイアグラは高くて使いにくい、カマグラはインド製ということで安心感がもてないというなら、日本で作られているジェネリックを使用するようにしましょう。
こちらはカマグラに比べると高いものの、国産は安心感が違います。

カマグラで副作用がひどい場合は一旦服用を中止する

カマグラやバイアグラの場合、使用した方の9割以上は副作用を感じると言われています。
たとえば顔の火照りであったり、眼の充血・頭痛・動悸・めまい・鼻づまりなどです。血液の流れが良くなるためしょうがないとも言えるでしょう。

特に頭痛などは最も多い症状ですが、ある程度の時間が経過すると平常に戻ります。
めまいや動悸と言ってもたいしたことはありません。めまいや頭痛がその後、脳に影響を及ぼして後遺症が残ると言うこともなく一時的なものです。
効果が治まるにつれて副作用も落ち着いてくるのです。

ただし、体質は人それぞれです。
1時間ほどで効果が現れると言われていますがそれより早く出てくる人・もっと遅い人といます。
それに、場合によっては副作用がひどく出ることもあるのです。
激しい頭痛や動悸・めまいや立ちくらみで日常生活を送るのさえ困難なというのであれば一度服用を中止した方がよいでしょう。
ED治療薬を服用したことによる症状のため恥ずかしいかもしれませんが、自身の身体を守るために医師に診てもらう方がよかったりもします。

バイアグラと違いカマグラは自身でインターネットを通じて手に入れる薬です。
信頼できる薬を用法用量を守って服用するのであれば副作用が少なくて済みますが、とにかく安さだけを基準に選んだ薬だったり自己判断で服用した場合にはむしろ副作用がひどくなることがあるため気をつけてください。
過剰摂取した場合には、最悪命取りとなってしまうこともあります。

AVや生半可な知識で媚薬的な薬と捉えていて、服用することでむくむくと男性器が大きくなってくると勘違いしている方もいます。
そんなときに大きくならないともっと服用しなければと更に余分に摂取してしまうこともあるのです。
服用する量が多ければ多いほど自信がみなぎるということはないので注意しましょう。

一般的な日本人男性であれば、カマグラは25から50mg程度で十分です。
50mgや100mg用量のものを購入することができますが、ピルカッターなどで自分に合う用量にしてから使用してみてください。
特に高齢者の方・初心者の方は少量から試してみましょう。
薬に対してどれくらいの抵抗力があるかを試してから徐々に増やしていくのです。
1日1回のみの服用とし、効果が感じられないからと更に追加で飲むのはやめましょう。

上手くいくかどうか不安を感じ、緊張しながら性行為に臨んだ場合、心因性EDとなりやすいです。
気持ちをリラックスさせ、血流を良くするという意味でも適量のアルコールはおすすめです。
とはいえカマグラと一緒にお酒を飲んだ場合、血の巡りが良くなりすぎてアルコールが全身に回りやすくなり、人の通常感覚が麻痺し、勃起反応の指令も麻痺してしまうので避けましょう。
他にも併用禁忌の薬もあります。持病によってはカマグラの服用が禁止される病気もあります。
きちんと知識を付けた上で、信頼できる薬を手に入れることこそが副作用をひどくしないためにも必要です。