カマグラ徹底調査!

ステンドラに勝る即効性はない!

ステンドラは最も新しいED治療薬で、2012年にアメリカで発売されました。
まだ日本ではあまり知名度が高くありませんが、実は日本の製薬会社が開発を進めていた薬です。
その後アメリカの製薬会社に権利が譲渡され、アメリカFDA(食品医薬品局)の承認を受けました。
現在ではアメリカやヨーロッパをはじめ、韓国でも発売されています。

ステンドラは第4世代のED治療薬とも呼ばれるとおり、これまでの3種類の治療薬の長所を集めたような特徴を持っています。
なかでも最大のポイントは即効性の高さです。
従来のED治療薬は遅くても性行為の1時間ほど前に飲む必要がありましたが、ステンドラは30分前の服用で効果を発揮しはじめます。
早い人では15分ぐらいでも効き目を感じられるとされています。持続時間は3~6時間程度で、特別に長いわけではありません。

ステンドラの主成分はアバナフィルで、いわゆるPDE5阻害薬に分類されています。
PDE5は陰茎を萎えさせる酵素の一種で、勃起不全の原因となる物質です。
ステンドラはこの酵素の働きを抑えることにより、陰茎の血管を拡張させ勃起を維持させることができます。
メカニズムとしては従来のED治療薬と同じで、確実な効果が期待できるでしょう。

残念ながら日本の厚生労働省はステンドラを承認していないので、ドラッグストアで買うことはできません。
一部のED治療専門クリニックでは、医師が個人輸入した上で処方しています。
もちろん患者が自分自身で個人輸入代行業者を利用して入手することも可能です。個人輸入の場合は安価なジェネリックも選ぶことができます。

ジェネリックも主成分はアバナフィルで、効果はステンドラと変わりません。
ただし先発薬にしろジェネリックにしろ、医師に処方してもらう場合と違って、個人輸入は自己責任となるので、副作用などには十分注意してください。
ではステンドラの使用上の注意点としては、どんなポイントがあるのでしょうか。

ステンドラが向いている人と飲んではいけない人

とにかく早く効果を実感したい方には、ステンドラが特に向いていると言えます。
ベッドへ行くまでのスケジュールに十分な余裕があれば従来の治療薬でも構いませんが、予定外のハプニングが起きないとは限りません。
最初はそんな気がなかったのに、デートの途中で急にそういう雰囲気になってしまうこともあるでしょう。
即効性の高いステンドラなら、性行為の直前に服用すればいいので、スケジュールの変更にも柔軟に対応できます。

ステンドラは満腹時に飲んでも効果が落ちにくいというメリットがあります。
飲食を伴うデートや、宴会の後で風俗へ繰り出そうという時などに、食事の影響が大きい薬では役に立たないことがあります。
そういう場合にもステンドラが向いているでしょう。
ただしステンドラも空腹時のほうが強力に効くとされているので、できれば食後に少し時間を空けたほうが望ましいと言えます。

反対にステンドラを飲んではいけない人は、不整脈や狭心症など心臓に病気を持っている方、過去半年以内に心臓の手術を受けたことがある方です。
ステンドラは血圧を変動させる薬なので、極端な低血圧や高血圧の方も飲んではいけないとされています。
白血病や多発性骨髄腫など血液の病気の方、重い肝障害や腎障害を持った方も服用は禁忌となります。

ステンドラの副作用は他のED治療薬と同じで、めまいや頭痛や顔の火照りなどが挙げられます。
これらは薬が効いている証拠なので、それほど心配することはありませんが、症状が重いときは服用を中止してください。
硝酸系の薬剤は併用が禁止されており、高血圧治療薬や一部の抗真菌薬など飲み合わせの悪い薬もあるため、心配なら医師に相談することをお勧めします。