カマグラ徹底調査!

レビトラが世界中の人に愛される理由

レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬で、ドイツに本拠を置く大手製薬会社が製造しています。
日本では2001年に厚生労働省への申請が行われ、2004年から正式に製造販売が認可されました。
現在4種類あるED治療薬の中でも、レビトラは即効性に優れていることから、世界中の人に愛されています。

レビトラの主成分であるバルデナフィルは、きわめて水に溶けやすい性質を持ち、人体に吸収されやすいという特徴があります。
そのため服用してから最短20分ほどで効果を発揮しはじめ、5~6時間ほど持続します。
一般には性行為の30分前に飲めばよいとされており、いざというとき臨機応変に対応できる点が人気の理由です。
ただし効き目には個人差があるので、心配なら早めに飲んでおいたほうが望ましいでしょう。

食事の影響を受けにくいことも、レビトラのメリットのひとつです。
影響をまったく受けないわけではなく、やはり空腹時のほうが効き目が早いことは確かです。しかし標準な食事は気にしなくて良いとされています。
ここで「標準的な食事」とは、700キロカロリー以下で、そのうち脂肪の割合が30%以下という意味です。
大量に食べたり脂っこい料理が多かったりしたときは、影響の出る恐れがあるので注意してください。

ED治療薬は体質を改善したり精力を増強したりする効果はなく、性行為の前に毎回飲む必要があります。
効果が出るまでに時間のかかる薬や、食事の影響を受けやすい薬では、勃起させたいときに間に合わない可能性があります。
即効性の高いレビトラなら、いろいろな場面で柔軟に使いこなせるため、世界中で高い人気を誇っていると考えられます。

現在レビトラには5mgと10mgと20mgの3種類の錠剤が発売されていますが、ほとんどの方は10mgで十分な効果を実感しています。
特に体格の大きな方や、10mgでは効き目が薄いという方は、20mgの錠剤を使用しても良いでしょう。
ではレビトラを女性が服用した場合は、どんな効果があるのでしょうか。

レビトラを女性が服用すると効果はあるのか

女性で不感症に悩む人は男性のEDよりも多いと言われていますが、はっきりしたことは分かりません。
性行為が苦痛な方やパートナーとのコミュニケーションを向上させたい方は、女性用の媚薬が欲しいと考えるのも自然でしょう。
日本には男性用のED治療薬はあっても、厚労省の認可を受けた女性用の媚薬はありません。
そこでレビトラを服用してはどうかという意見があります。

女性にはペニスはありませんが、クリトリスには男性と同じように海綿体があり、充血することで勃起します。
このメカニズムも男性と同じであり、しかもクリトリスは女性の中で最も性感覚の鋭敏な部分です。
したがってレビトラを服用すれば下腹部の血管が拡張し、クリトリスが勃起して性感が鋭くなるのではないかと考えられます。

実際にレビトラを服用した女性からは、よく濡れるようになったとか、いつもより感度が上がったという声も聞かれます。
ただし発売元の製薬会社は、女性にも効果があるとは言っていません。データが不十分であり、実際に効くかどうかは分からないという立場です。

またレビトラは男性に対しても女性に対しても、媚薬として効くわけではなく、気分を盛り上げる作用はありません。
男性は勃起さえすれば性行為は可能ですが、女性のクリトリスが勃起しても、性行為が容易になるわけではない点に注意が必要です。

女性が服用する場合は副作用にも気をつけてください。
男性と同じ量を服用すると、体格の小さな女性では頭痛や顔の火照りなどの副作用が強く現れる恐れがあります。
レビトラはあくまで男性用に作られた医薬品ですから、女性が不感症を改善したいなら、女性専用に作られた薬を服用することをお勧めします。